印鑑の種類について

印鑑は、公私文章に印することによって、公的な権力を持たせることができます。 印鑑を押すときには捺印や押印、押捺など様々な呼び名になっています。 最近では、印鑑ではなく電子印鑑も流行ってきています。

印鑑には、認印や実印、銀行印など様々な種類の印鑑があります。 認印は主に、申し込みをするときや荷物の受け取りなど本人である証明として利用されます。 丸い形の印鑑もあれば楕円形の印鑑もあります。

実印は、役所に登録をした印鑑です。 これは、不動産や車などを購入する場合に必要になってきます。 字体や印鑑のサイズも決まっているので、きちんとした形で申請をしなければいけません。

銀行印は、銀行や証券会社などで口座作成をする場合に必要になってくる印鑑です。 これは実印と比べると規制がなくどんな印鑑でも利用することができます。 それに字体に制限がないのでイラスト入りのものでも利用することができます。

この他にも、文字を間違えてしまったときに利用する訂正印があります。 訂正印は通常の印鑑よりも小さめになっているのが特徴です。

このように印鑑と言われているものには様々な種類があります。 自分の利用用途に合わせた種類を選ぶようにしましょう。